【4年前から利用中】カーシェアリングの良さを実体験から解説|おすすめサービス比較もしてみました!

日常生活

こんにちは、酒です。

みなさんは、自家用車をお持ちですか?

我が家は、北海道という広大な土地に住んでいるものの、自家用車を持っていません。

4年ほど前からレンタカーではなく、「カーシェアリング」を利用しています。

今回は、コロナ禍で自家用車に注目を集めている中、カーシェアリングを長く使っている我が家の様子や、カーシェアリングが普及してきた今、本当にベストなところはどこかを調査してみた結果をご紹介します。

そもそも我が家がカーシェアリングを利用している理由

我が家は、5年前までは自家用車がありました。

というのも、実家の親が転勤で首都圏に行ってしまい、その間車を使わない&ちょうど子どもが産まれたタイミングで利用機会が多いという理由で借りていたんです。

その親もリタイアし実家に戻ったため、車を返して自家用車なしの生活になりました。

元々主人も私も自家用車での通勤はNGな会社にいますし、車なしでも快適に暮らせる場所に住んでいるので、不便なことはないのですが、たまには遠出したいなーという気持ちになるため、それなら時間単位で借りられるカーシェアリングがいい!ということになったんです。

カーシェアリングのメリットって?

自家用車なしになってから利用していますが、我が家が考えるカーシェアリングのメリットって、以下のようなものがあります。

カーシェアリングのメリット
  • 車を保有するより、かなりお得
  • ガソリン代などかからない
  • ネット上で申し込みが完結、人に会わずに利用できるので気楽
  • 時間の延長が簡単
  • 自宅近くにステーションがたくさんあるので便利

自家用車を持つと、車を維持するために、駐車場だの車両代だの保険代だの月に数万円が必要になりますが、カーシェアリングは、利用時間などにもよりますが、1回1万円弱で利用することができます。

さらに、レンタカーではガソリン代満タン返しですが、そのような縛りがなく、しかもガソリンを入れてくれたら割引するよ!(代金はカーシェア会社負担)というお得なサービスまであります。

また、カーシェアリングはすべてネット上で申込みができ、指定の時間に指定の駐車場に行けば、すぐに使うことができるので、人に会わずに済むのが楽ちんです。コロナ禍では特に人に会わないで済むのは安心感があります。

帰宅予定の時間に間に合わないこともよくあるのですが、その際は、次の利用希望者がいなければ延長申請がネット上でできますし、自宅近くに借りられる場所が多くあるため、全然車がない!借りられない!ということが今のところほぼないですね。

カーシェアリングのデメリットって?

いいこと尽くめのカーシェアリングですが、デメリットに感じることもあります。

カーシェアリングのデメリット
  • 緊急事態のとき、すぐに使えない
  • 前に誰が使っていたかわからない

2018年9月、北海道を大きな地震が襲い、札幌市東区の我が家も震度6弱の大きな揺れに見舞われました。

その際、自家用車を持っている方は、車の中で生活したり、スマホ・携帯の充電などをしていたのですが、自家用車がない我が家はそれができませんでした。さらに、大規模停電も起こしていたため、カーシェアリングを使うことすらできず、実家に一度避難するなどが全くできない状況になっていました。

このコロナ禍でも、自宅に車を置くことができない分、必ず駐車場と自宅を行き来する必要があるため、ちょっと怖いなと感じることもあります。

また、カーシェアリングの車は、レンタカーとは違い、清掃などが入ることはありません。そのため、前に誰が使っていたか分からないですし、極稀にですが、散らかり放題のまま返却されて、掃除しないと使えないということもありました。

今は、ウイルスなどが付いていないかという怖さもあるため、キレイに返却されていても、消毒スプレーなどを持参してキレイにしてから利用するようにしています。

カーシェアリングおすすめ7社比較|このまま同じ会社でいいか調査してみた

現在、我が家が利用しているのが「タイムズカーシェア」です。

利用を始めた当時は、タイムズくらいしかカーシェアがありませんでした。(首都圏とは違って札幌なので利用圏も限られていたので…)

とはいえ、4年以上経った現在、本当にタイムズでいいのか?もっとお得なところとかあるんじゃないのか?と思い立ったため、カーシェアサービス7社を「料金」「利便性」「補償」「設備」で調査してみました!

今回、調査してみたカーシェアサービスは7社
  • タイムズカーシェア
  • TOYOTA SHARE
  • オリックスカーシェア
  • ニッポンレンタカーカーシェアリング
  • careco
  • dカーシェア
  • エコロカ

料金の安さで選ぶなら「TOYOTA SHARE」

画像引用元:TOYOTA SHARE公式サイト

今回、料金で調査する際、24時間利用したらいくらになるかで比較したら、以下のようになったんです。(距離料金は除外しています/最も安いクラスで比較しています)

24時間利用料金
TOYOTA SHARE5,511円~
オリックスカーシェア6,700円~
ニッポンレンタカー6,700円~
dカーシェア6,700円~
careco7,300円~
エコロカ8,300円~
タイムズカーシェア8,690円~

TOYOTA SHAREは、月会費も不要で、距離に応じて支払う距離料金も他社よりも安いんです。今回は最も安いクラスで比較していますが、上位クラスにしても他社と同程度の金額でかなり安いことが分かりました。

利便性で選ぶなら「タイムズカーシェア」

画像引用元:タイムズカーシェア公式サイト

自宅の近くに借りられる場所がないと使い勝手が悪いものなので、今回、札幌市内にどれくらいステーションがあるのかを比較してみましたら、以下のようになりました。

ステーション場所数
タイムズカーシェア数え切れません…
TOYOTA SHARE札幌市内9箇所
オリックスカーシェア札幌市内7箇所
dカーシェア札幌市内7箇所
ニッポンレンタカー札幌市内5箇所
cariteco札幌利用不可
アースカー札幌利用不可
エコロカ札幌利用不可

タイムズカーシェアは、札幌市内に600台を超える車を設置し、ステーションは地下鉄沿線など多岐に広がっています。一度数えてみようかと思いましたが、無理でした…。もちろん、札幌以外でも小樽市や旭川市などにも設置されていますし、全国各地にも展開しています。

実家に行った際に使えたり、旅行で行った先でも使えるため、利便性はピカイチと感じました。

補償重視なら「タイムズ」と「TOYOTA」

どのカーシェアサービスも、事故が起こった場合などの補償はしっかりしています。

ただ、タイムズカーシェアとTOYOTA SHAREは、事故のときに支払わなくては行けないNOC(ノンオペレーションチャージ)を免除してくれる補償サービスがありました。

どちらも、1回の利用で330円の支払いが必要ですが、万が一のときの支払いを免除してくれるサービスがある点では、この2社は特出していいと感じました。

ただし、ルールを守らなかった場合は、どのサービスでも補償免除はありません。しっかりとルールを守った利用をしたいですね。

設備で選ぶなら「ニッポンレンタカーカーシェアリング」

画像引用元:ニッポンレンタカーカーシェアリング公式サイト

ほとんどのカーシェアサービスは、設備などの内容が似通っている状態でした。

ただ、子どもがいる親として気になったのが「チャイルドシート」です。

今ではもう不要なのですが、以前チャイルドシートを借りられるのか不安になったこともありました。そこでチャイルドシートがあるかを調べてみると、以下のようになりました。

ジュニアシートチャイルドシート
ニッポンレンタカーカーシェアリング準備が可能な場合がある
タイムズカーシェア
オリックスカーシェア
dカーシェア
TOYOTA SHARE△ ※車両による△ ※車両による
アースカー△ ※車両による△ ※車両による
cariteco
エコロカ

チャイルドシートって、一時的に使うものなのでわざわざ買うのも気が引けますし、レンタルしても結構な金額がかかるものです。

ジュニアシート(3歳ごろから利用するやつ)は設置されている車が多いですが、より小さなお子さんがいる方は、ニッポンレンタカーカーシェアリングだと、自分で準備せずにカーシェアリングを利用できる可能性が高いため、使い勝手がいいと感じました。

※ただし、2020年7月時点で、新規の入会を停止していますので、ご注意ください。

さいごに

今回、長く利用している我が家のカーシェアリングの良さなどをご紹介しつつも、よりいいサービスはないか調査した結果をご紹介しました。

比較した結果として、

  • タイムズカーシェア
  • TOYOTA SHARE

の2社を組み合わせて使ってみたらいいのでは?と思っています。

大手を振って旅行ができない現在、自家用車がなくてもドライブが楽しめるカーシェアリングで、ちょっと息抜きするのもいいのではないでしょうか。

我が家はこの夏、感染状況なども見極めつつ、カーシェアリングを活用して、近隣の魅力を満喫してみたいと思っています!

タイトルとURLをコピーしました