【レシピ付き】保育園で大人気!我が家の定番「炒め納豆」

おうちごはん

こんにちは、酒です。

今回は、我が家で定番になっている「炒め納豆」をご紹介します。

こちら保育園で人気のメニューなんですよね。うちの子たちが給食で大好きだったらしく、作って!とせがまれて作るようになり、定番化したんです。

いえで作ると子供の目がキラキラしちゃう?そんな「炒め納豆」です。

うち流 炒め納豆の作り方

<材料>

  • ひきわり納豆 3パック
  • 玉ねぎ 1玉
  • たまご 2個
  • ひき肉 適当
  • 砂糖
  • 醤油
  • お酒

<作り方>たぶん調理時間10分

①たまごを炒めて炒り卵をつくり、別皿にうつしておきます。

②みじん切りした玉ねぎとひきにくを炒めます。しっかり火を通します。

(玉ねぎの風味や食感がほしい方は、お肉に火が通ったら③へ移行したらいいです。うちは玉ねぎの風味と食感が嫌いな子どもたちなので、玉ねぎがくたくたするまでじっくり炒めます。)

③②にひきわり納豆を投入します。

④砂糖⇨醤油⇨お酒の順で、適量ずつ投入します。醤油はちょい多めで、お酒は少なめです。

⑤最後に①のたまごを投入して、軽く混ぜ合わせたらできあがり!

炒め納豆のレシピは正直適当!?

Googleで「炒め納豆」と調べると、出てくる出てくるレシピの山。

うち流のレシピは、保育園のレシピから細切れ人参を省いたものでしたが、炒め納豆を郷土料理としている岩手県の一関市川崎町の炒め納豆は、豚こま肉に千切り人参、キャベツなど入っているし、そもそも納豆もひきわり納豆ではなく小粒納豆…本当に全然違うんです。

画像引用元:全国納豆協同組合連合会 岩手県一関市川崎町「炒め納豆」

なので、お子さんの好みに合わせてアレンジができるので、レパートリーに入れると結構助かるレシピですよ。

うちは小学生にもなって、まだまだ好き嫌いが多いので、お肉・玉ねぎ・納豆・たまごという絶対に食べれるものだけで作っていますが、もしかしたら、じゃがいも細切れやほうれん草なども入れていいかもしれないですね!

炒め納豆っておいしいの?

最初にお伝えしておきます。

納豆のニオイやネバネバが嫌いな方は辞めたほうがいいと思います。

うちはひきわり納豆を使うからもありますが、納豆をフライパンに投入したとき、納豆特有のニオイがキッチンに充満しますし、粘り気がすごいです。なので、調理する方が納豆苦手…ならば、あまりおすすめはできないです。

ただ、調理された炒め納豆は、納豆のニオイやネバネバが緩和されるようで、ひき肉を食べつつほんのり納豆の風味がする感じです。肉そぼろの納豆風味みたいな?

結構、醤油を強めにしているので、ご飯にピッタリで、子どもたちはよく「炒め納豆丼」を作りますよー。ガッツリ食べてほしいときには、おすすめなんです。

さいごに

子どもの食育とか、私はあまり気にするタイプではありません。

だからこそ、ズボラな私が簡単に作れる保育園レシピ=栄養価の高いレシピって貴重なんですよねw

材料さえあれば、仕事帰りにパッと作れるくらい簡単なので、ぜひ作ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました