小学生におすすめ!「スマイルゼミ」タブレット学習なら推しです!

タブレット学習

こんにちは。酒です。

我が家には小学生が2人います。(2020年5月1日時点で絶賛臨時休校中です。)

勉強して欲しい親心も知らず、毎日ゲーム~YouTube~ゲーム~YouTubeの無限ループ…「同じだ!」と言ってくださる方がいると思いたい…

そんな我が家ですが、2年前から導入していた「スマイルゼミ」が今、とても役立っています。その理由、ご紹介します!



おすすめ理由①「勝手にカリキュラム作ってくれる」

スマイルゼミには、「ミッション」という名で毎日カリキュラムを作ってくれます。

これがあることで、親はどこをやるのか指示する必要がなく、放置できるんです。

その法則は読めないのですが、「逃げても追っかけてくるスタイル」かと思われます。なぜなら、小2の息子がミッションクリアできなかった単元が、翌日、また現れて、心折れてしまう場面によく目にしています。

折れた心を立ち直らせるのは毎度大変なのですが、数ヶ月後にまた同じ単元が出たときに挫折せずにクリアできたら、ちょっと子供の成長を感じるんですよね~。

話は逸れましたが、やることを指示する必要がない手間なし楽チンなところが、まずはおすすめしたいポイントです。

おすすめ理由②「入会月からのデータがすべて蓄積される」

スマイルゼミは、毎月1回データが送られてくるのですが、入会月からのデータはすべて蓄積してくれています。ですので、復習・繰り返し学習がとてもやりやすいんです。

小4の娘は、小1の3月(小2のちょっと前ですね)に入会しましたが、小1の2・3月あたりのデータから現在小4の5月までタブレットのなかにデータがあるんです。(※ただし、圧縮などはされていて解凍などの手間は必要)

「時計・時刻」という、ほとんどの小学生が一度はつまずく単元も、小1の同じ単元をやってみて、小2の単元やってみて、そして小3で今のやつを学習するということが、タブレットひとつでできちゃうんです。

教科書を引っ張り出すこともせずに、復習させられるのはかなり手間なしでおすすめなんです。

おすすめ理由③「汚く書いたらやりなおし」

スマイルゼミの国語の単元では、「書きなおし」機能があります。

漢字の練習だけでなく、普段の文章題などの問題でも適当に書いていたら、やりなおし!を命じられます。

タブレットは認識すればいいだけだから、文字が汚くなりそうとママ友に言われたことがありますが、スマイルゼミではそれが許されない場合があるんです。

しかも、漢字の練習になれば、大人でもクリア難しくない?というくらい美文字を求められる場合があります…。

このタブレットだけど、書くことに対してのこだわりがあるのがスマイルゼミの魅力なんです。

さいごに

現代のお母さんは、忙しい。

同時に、子どもに対しての勉強・将来への期待は、大きい。

だからタブレット学習を使って、ちょっと手を抜いてもいいと思うんです。

しかも、使ってみると、いろいろといいポイントがたくさんあります。

ぜひスマイルゼミ使ってみてください!



タイトルとURLをコピーしました