【元学習塾教室長が選ぶ】小学生におすすめの世界地図帳3選

小学生の勉強

世界地図を覚えるには、壁に貼るポスター以外に「本」という方法があるのをご存知ですか?

元学習塾教室長の筆者が、

「小学生におすすめしたい世界地図帳」を3つ厳選しました。

さらに、買うタイミングや世界地図帳に必要な情報なども解説していますよ!

この記事が、お子さんの勉強に少しでも役立ったら、とても嬉しいです。

小学生におすすめ世界地図帳

さっそく、小学生におすすめの世界地図帳を3つご紹介します。

それぞれ特徴が違うため、お子さんの興味をそそるものをぜひ選んでみてください。

おすすめ①るるぶ「地図でよくわかる世界の国大百科」

世界各国に旅行気分?旅行ガイド風な内容でワクワク楽しめる!

るるぶの「地図でよくわかる世界の国大百科」は、旅行ガイドブックのようなデザインと内容で、さながら現地に旅行に言った気分まで味わえる世界地図帳なんです。

旅行のガイドブックをただ眺めるだけでワクワクすることってないですか?

この本は、世界各国の眺めているだけでワクワクした気分になれて、大人でもハマれる一冊なんです。

もちろん、地理の学習に必要な「地形」や「貿易」などのデータなども掲載されているため、地図帳としては申し分ない内容ですよ。

ページ数112ページ
サイズ(判型)25.8 x 21.4 x 1.6センチ(AB判)
発行元JTBパブリッシング

おすすめ②「世界えじてん」

世界各国をかわいらしい絵で詳しく紹介している世界地図帳

ちょっぴりゆるめなかわいらしいイラストが満載の「世界えじてん」は、各国の詳しい情報も満載なんです。

場所や首都、面積、人工などはもちろん、あいさつ言葉やその国の特色などもしっかりと掲載。3~4行の文章で、その国の特徴を凝縮して伝えてくれるので、本が苦手なお子さんにもピッタリです。しかも、漢字にはフリガナが付いているので、低学年のお子さんも一人で読めますよ。

ページ数208ページ
サイズ(判型)21.8 x 15.5 x 2 センチ(A5判)
著者監修:吹浦忠正 絵:てづかあけみ
発行元株式会社パイ インターナショナル

おすすめ③「めくってはっけん!せかいちずえほん」

たくさんの仕掛けで、楽しく読める世界地図帳

めくってはっけん!せかいちずえほんは、各ページにたくさんのめくれる仕掛けがあり、楽しみながらその地域の特徴を学ぶことができる世界地図帳です。

小学生向けではありますが、仕掛けあそびや漢字を使っていないところをみると、小学生の1~2年生におすすめしたい本ではあります。仕掛けに目が行ってしまい、国の形などが確認しづらくなってしまっているため、学習の参考書としては不十分な内容です。

楽しく地理を知りたいお子さんに、あくまでも、世界地図にふれる最初の本として利用してみるといいのではないでしょうか?

ページ数14ページ
サイズ(判型)27.8 x 22.2 x 2.2 センチ(A4変)
著者著:アレックス・フリス 絵:ケイト・リーク
発売元学研プラス

世界地図を使うのはいつから?買うタイミングは?

世界各国について学ぶのは、小学校5年生からです。

小学5年生で、世界の大陸・海洋と、主な国の位置などを学びます。小学6年生になると、世界各国と日本のつながりなどについても学ぶようになってきます。

そのため、世界地図帳を用意するなら、遅くても小学5年生に進学するタイミングまでに購入することをおすすめします。

世界地図帳に必要な情報は?

地理的な情報以外にも、人口や面積、産業や文化についても書かれていると◯

小学5年生以降、まず世界にある大陸や海洋の位置や、日本と関わりの深い国の名称や位置などを学びます。

これらは、世界地図だけでも学ぶことはできますが、その国の「産業や貿易」「文化」などについても、6年生までで学ぶことになります。

せっかく世界地図帳を購入するのであれば、産業や貿易、文化などの情報も載っている地図帳を購入するといいですよ。

世界地図帳以外に世界地図を学ぶ方法は?

「ポスター」や「知育玩具」でも世界地図を楽しく学べます。

世界地図を学ぶのは、地図帳以外にもポスターや知育玩具などがあります。

本は読みたいときに本棚から出してくる手間が必要ですが、ポスターはすぐ調べられますし、オシャレなポスターもあるため、インテリアとしてリビングに飾ることもできますよ。

具体的にどのようなポスターや知育玩具がいいかは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

さいごに

地図を覚えることは、小学校では必要な学習ですが、覚え方のコツなどはありますが、それでも頑張って覚えるしかないのが正直なところです。

大変な暗記を少しでも楽しくするために、楽しい世界地図帳などのアイテムを活用するのはとてもいい方法です。

ぜひお子さんが小学5年生になる前に、購入を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました